波佐見焼「いろは」の茶碗・平丼の取扱いをはじめました。

波佐見焼「いろは」シリーズに、茶碗と平丼が加わりました!

波佐見焼 いろは 麻の葉紋


長崎県で生まれた波佐見焼は、

大衆向けの食器として1700年代に

日本各地に広がって行きました。


「いろは」シリーズは、

その頃の素朴な模様を再現した、

どこか懐かしい柄。


1点1点手描きされた、

藍色の染付は味わい深く、

陶器の魅力を存分に楽しむことができます。

「いろは」茶碗

お猪口を大きくしたような、丸っこい形が独特。
少し小ぶりで、持ちやすい大きさになっています。

波佐見焼 いろは 茶碗



JUGEMテーマ:食器

「いろは」平丼

この大きさの丼ぶりにしては軽く感じる重さなので、
片手でも持ちやすく作られています。

おそば・うどんなどの麺類、丼ものはもちろん、
煮物などのおかずにもちょうど良いサイズ。

平たくなっていて口が広がっているので、
取り分けしやすいと思います。

「丼」という名前がついていますが、
意外と色々な用途に使えるので、
あまり食器は増やしたくないという方にもぴったりだと思います。

波佐見焼 いろは 平丼





波佐見焼 いろは 平丼

お箸に対して、平丼はこれくらいの大きさ。

お蕎麦を大盛りにするには、ちょっと小さいかなって思うサイズですが、

大きすぎず小さすぎず、使いやすいサイズです。



波佐見焼 いろは

お茶碗と平丼を並べてみました。

口の直径はお茶碗が11cm、平丼は18.8cm。

この「菊紋」の柄は、1株の菊がぐるっと1周描かれていて、
角度によって表情が変わってくるのが魅力です。


「いろは」シリーズは、
他にそば猪口、中皿、土瓶のラインナップ。
こちらのページからご覧いただけます。⇒波佐見焼「いろは」

 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitterボタン



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode