アラビア ブルールスカをアップしました。

 本日の商品アップは、

アラビア ブルールスカ


こちらもウラ・プロコッペの作品。


茶色のルスカは生産量が多かったため、

広く出回っており入手しやすいシリーズですが、

こちらのブルーはカラーテストで生産されたもので、

現地でも滅多に見つけることができないとても希少なものです。
茶色のルスカと同様、

独特の釉薬によって1点1点表情が違うのが大きな魅力。


翡翠のような透明感のあるブルーから、

だんだん黒っぽく濃くなっていく色合いは、

まるでヴィンテージジーンズのような、

苔むした岩のような。

小さな食器の中に、枯山水のような侘び・寂びさえ感じることができます。


特にこちらのクリーマーは、そんな趣がたっぷり。

アラビア ブルールスカ クリーマー



一方、こちらは26cmプレート
アラビア ブルールスカ プレート26cm
色ムラが少なく、美しい翡翠のようです。



これを買い付けたフィンランド現地アンティークショップの店員さんは、

「ブルールスカは初めて見ました」と言ってました。


希少だから販売するのではなく、

この雰囲気を楽しんでいただきたいので、

生産数が少なかったことが本当に悔やまれます。


本音を言ってしまえば、

自分のものにしておきたいくらい。


もう手に入らないかと思うとなおさらです。


それも、一期一会である北欧ヴィンテージとのお付き合いのうちの1つなのかもしれません。


ちょっとお値段は張りますが、

きっと一生ものだと思います。


ぜひ、この素敵なうつわを味わっていただきたく、

販売させていただきたいと思います。


ブルールスカの一覧はこちら


茶色のルスカも、お求めやすくてお薦めですよ。






コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitterボタン



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode