2013年2月北欧買付日記-フィンランド4日目

4日目の今日は日曜日。

ショップも大半がお休みで時間があるのでゆっくり8時頃起床。
今日も朝食会場はロシア人で賑わっています。

昨日までは無かったひまわりの種入りパンがありました。
vilja sämpylä
vilja sämpylä=穀物ロールです。
 

今日の朝食はこんな感じ。
左下のチーズはブリー、
右のお皿のミートボールも美味しい。

ヨーグルトとベリー、シリアル
2日目に撮れなかったヨーグルト。
プチプチっとした新鮮なベリーが食べ放題なのがいつもの楽しみ。


支度をしたら、地下鉄に乗りにkamppi(カンッピ)へ。
ショッピングセンターなのでいつもなら賑わっていますが、
今日は日曜日なのでがらんどう。
日曜日のkamppiはガラガラ
日曜の朝は教会に行く人が多いフィンランドです。


ヘルシンキ地下鉄の名物、吸い込まれそうな長いエスカレーター!
異世界に通じてそうです。
吸い込まれそうなヘルシンキ地下鉄のエスカレーター

下から見上げるとこんな感じ。
ヘルシンキの地下鉄エスカレーター
良い設計です。


ホームでは、柴犬を発見しました♪
ヘルシンキで見つけた柴犬
かわいかったのでパチリ。
フィンランド国内で買った柴犬だそうです。


ヘルシンキの地下鉄、車内も真っ赤
外観が真っ赤な地下鉄は、シートも真っ赤。

でも、ちょっとオレンジよりの赤なので眩しくない良い色合いです。

kamppiから3駅のHakaniemi(ハカニエミ)で下車して、
広場のマーケットに向かいます。
ハカニエミフリーマーケットに到着。
暖かい時期はもっとお店も出ているはずですが、
冬はテーブルもまばら。

ハカニエミマーケットでは白樺のかごも売っています
トラックいっぱいのカゴを売っているお店も。

こちらはブラシなど手作りの木製品を売っています。
ブラシも売っています


日本の伝統的な箒にそっくり!
フィンランドが日本で受け入れられやすい理由がここにもある気がします。
ハカニエミマーケットにて。日本のほうきにもそっくり


食べ物のお店は、冬でもたくさん。
ソーセージは1本1.9€と安め。
ソーセージはわりと安い


帽子がかわいいので、撮らせてもらいました。寒そう!
果実の粉末を売っているお店です。
アイスクリームにかけたりしてフレーバーを楽しむそうですよ。
果実の粉末を売っています

ベリーは量り売りです。
生のベリーも販売中
左のKRPALOはクランベリー、右のPUOLUKKAはコケモモです。


1時間近くウロウロしていると、体の芯から冷え込んできたので、
テント型のカフェで一休み。
中には超強力な温風(いや熱風かも)が吹き出すヒーターがあるので暖をとります。
ハカニエミマーケット、テント型店舗のカフェ内にあるヒーター


ヴィンテージの食器もあったんですが、
昨年同様値段を吹っかけてくるお店なのでちょっと品定めして退散。
先ほどのベリーの粉末を買ったくらいでハカニエミを後にします。

写真は、トラム乗り場から見る景色。
ハカニエミで好きな景色です。
ハカニエミの好きな風景。OXYGENOLの建物
奥はフィンランドの歯磨き粉メーカー、「OXYGENOL」の建物。


北にトラムで数駅進んで、2日目にも行ったセカンドハンドショップへ。
日曜も営業している数少ないお店です。

先日色々買い付けましたが、ガラクタ感と宝探し感がとても楽しめる好きなお店になりました。
食器以外をいろいろと見て、
古い切手やこんなものをGET!
古いFINNAIRのトランプ
旧ロゴのフィンエアーのトランプ、未開封ものです。
たぶんもったいなくて開けることはないんだろうな。

食器もまたちょっと買ったので、一旦ホテルへ。
すぐに、昨日梱包した箱を郵便局(posti)に持っていきます。



postiの2階に行ってみると、そこは本屋さんでした。
Posti2階の本屋、マッサージチェアでくつろぐ人
奥の人が座っているのは、なんとマッサージチェア!
リラックスして全部読み終わってしまいそうですね(笑

この手前には、ヘルシンキでも珍しい自動販売機がありました。
ヘルシンキでも珍しい、自動販売機
コーヒーばかりですが、一杯0.7€!(約100円)

自動販売機のコーヒーは0.7€
量は少なめですが、ちょっと休憩したい時に気軽に買える値段でウレシイ。


時間があるので中央駅のホームをプラプラ。
改札はないので切符が無くても入れます。
ヘルシンキ中央駅のホーム
次回はここから地方都市へ行くぞ!
世界の車窓からをお届けしたいと思います。


ランチ場所を探しに行くと、
実にフィンランド語らしいポスターが。
フィンランド語らしい文章
tätä(この) tietä(道) hyvään(良い) elämään(生活)
=「良い生活へのこの道」という意味。

このドットが2つ上に付いた(ウムラウトという)「ä」が、
日本人からするとかわいらしいですよね。(他には「ö」もあり)
発音は、英語の発音記号「ae」と同じで、
口の前の方で発音する「ア」です。

ショップ名をpippuriに決める前、äかöを入れたかったのですが良い単語が無く。。
pippuriは気に入っていますけどね。
(由来についてはこちらを⇒ About pippuri/pippuriについて


昼食はケバブに決定です。
ケバブは5ユーロ
前回のスウェーデンでお世話になったケバブ、
ヘルシンキでも5ユーロとは嬉しい。
ピザも全部5ユーロですよ。

オーダーは辛めのケバブ&ライス。すごい量です。
ケバブライスも大盛りです

食べていると、何やら視界に入ってきました。
ヘルシンキのピザ屋
ん?


ヘルシンキのピザは超特大
んん??

で、デカイっ!!

なんとこれが5ユーロとは。
若者2人で1枚食べるくらいの量ですね。
生地は薄目のクリスピータイプながら、
日本の宅配ピザだと2500円〜3000円くらいしそうなサイズ。

次回買付の時は、毎回ここでランチになりそうです(笑


腹ごしらえしたら、
先日伺った、日本人が和食器を売るお店、「Common(コモン)」で紹介してもらった、
日本のデザイン展示会「HEI Nippon!」へ。
Lokalで開催されたHEI Nippon
日本のデザイナーさんのプロダクト、カメラマンの作品がたくさんありました。
韓国人カメラマンによるソウルの写真もいくつかあったのが謎ですが・・・


そこを出ると、今回のヘルシンキで初めての青空が。
教会をバックにパチリ。
ようやく晴れたヘルシンキ


この後は街をプラプラです。

ストックマンの1階と2階の間の階段上には、
鳥や花をかたどった陶板が。
もしやARABIA製だったりして?素敵です。
ストックマンの壁の陶板


素晴らしい教会だなあと思ったら、後で調べると国立博物館。
1910年建造だそうで、国民的叙事詩「カレワラ」を描いた巨大なフレスコ画があるとのこと。
ヘルシンキ、国立博物館



次は岩山をくり抜いた中に造られた、テンペリアウキオ教会にGO!
テンペリアウキオ教会


しかし、
一般公開は16:30までで入れず。
テンペリアウキオ教会、催しもので一般公開していません。
結構入りたかったのに、来るのが遅すぎです。
フィンランドでは行きたいところは早めの時間に行くのが吉ですね。


中ではコンサートが始まっていました。
テンペリアウキオ教会、コンサート中
岩の中なので音の反響も良さそうですね。

漏れてくる音楽が素敵でした。


ホテルに戻る途中で見つけた、
アパートメントの住居表示。
ヘルシンキのアパートメント
何でもないものでしょうが、バックライトが良い雰囲気です。


西の空は、太陽が沈んだばかりでまだ少し明るい。
空の青は、この写真では十分表せていないほど澄んでいて美しい色でした。
西の空がほんのり明るいヘルシンキ
これを見るだけでもフィンランドに来た価値があると思わせるくらい綺麗です。


途中寄ったスーパーでは、
デリコーナーでチキンレッグを買い、
チリソースも用意。
ピリピリソース
「PIRI-PIRI」ですって!
日本語と同じ感覚なんですね。


フィンランドらしからぬチョリソーは250円ほどとお得。
ヘルシンキで買ったチョリソー
ヨーロッパものは、総じて日本より安く手に入ります。


今日は飲むヨーグルトも購入・・・
ヘルシンキのスーパーで買ったヨーグルト
のはずだったのですが、

流れてこない!!
フィンランドでは、紙パック入りのヨーグルトは、飲むヨーグルトではありません。
中身は普通のヨーグルトでした。

でも、味はブルーべリーがたっぷり入っていておいしかったですよ。


さて、まったりと過ごした日曜日も終わり。

明日は月曜日、ちょっと郊外に買い付けに向かう予定です。
まだまだ買付品が少ないので頑張らねば!

ではではおやすみなさーい。
 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitterボタン



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode