2012年3月北欧買付日記-スウェーデン3日目編-

3日目のメインイベントは、昨日教えてもらったアンティークフェア。


開催は午後なので、午前中はストックホルム市内で買付。


初めて地下鉄に挑戦です。

1_画像 743.jpg
ヘルシンキの地下鉄は改札がありませんでしたが、ストックホルムではちゃんと改札があります。


駅員さんに聞いてお得な回数券(16枚分で200SEK)を買い、改札時にスタンプを押してもらいます。
1_画像 740.jpg


ストックホルム市内はA・B・Cのゾーンに分かれていて、同じゾーン内ならチケット2枚が必要。

バス・トラムも共通で、利用開始から1時間以内は乗り換え可能なので、地下鉄・バスを併用するときは便利です。



さて、地下鉄を使って中央駅の北側Odenplan駅へ。
1_画像 744.jpg


まずリサイクルショップに行ってみるも、洋服ばかり。

お目当てのアンティークショップが開くのが12:00で時間があったので、
銀行でお金を下ろすことにしました。


ストックホルムでは、駅周辺や人通りの多いところには大抵ATMがあって、
クレジットカードのキャッシングもスムーズにできます。


ただ、今回結構な金額を下ろそうと思っていたところ、銀行によっては2,000SEK(約25,000円)や5,000SEKまでと上限が決まっていたので、まとまった現金を下ろすのにはあまり向いていないと思います。


さて、アンティークショップ2店に行ってみたのですが、どちらもかなり高めの設定。

これでは日本で売れる値段にできない!ということであきらめて全く買わず、梱包材を買いに行くことにしました。


中央駅近くのT-centralen駅(地下鉄が3つ交わるターミナル)まで歩くと、ドロットニング通りは銀座のような雰囲気。

1_画像 752.jpg

ヘルシンキでもお世話になったclas ohlsonで、ダンボールとプチプチを買って一旦ホテルに戻ります。



途中で軽く腹ごしらえをしたら、いよいよアンティークフェアへ。

入場料100SEKを払い、上着を預かってくれるサービスも。

1_画像 754.jpg

中はこんな感じで、スウェーデン各地から出店しにやってくる人たちもいるそう。

食器だけでなく家具や照明も売っていましたよ。


今日初めに行ったアンティークショップよりは手ごろな値段のショップも多く、
GustavsbergのBersaも、使い込まれていましたが安めでした。


思ったより買いたいものが多かったのと、先ほどのATMであまり引き出せなかったのがあって、泣く泣く買付を諦めたものも。

このフェアを教えてくれたお店のスタッフが売っていたprunusの31cmトレイ、欲しかったなあ・・・


ただ、良いものをゲットできたので充実感あり。
いろいろな人と話しているうちにあっという間に数時間経ってしまっていました。

1_画像 756.jpg

会場を出てガムラスタンを望むと、夕暮れどきの海と明かりがきれい。


ストックホルムに来てからまだ天気も晴れていないし、
ヘルシンキの方が人情味があったような気がしてちょっとしたヘルシンキシックだったけれど、
今日のフェアとこの景色でそんな気持ちも吹っ飛んでいきました。


さて、明日のメイン・グスタフスベリへのショートトリップに備えて、
昨日今日買い付けた大量の食器を梱包しなくては。

楽しみがあると作業もはかどります。


結局深夜1時までに2箱梱包を終えて、後はベッドでぐっすり。



ということで、3日目はあっという間に終了。

4日目のグスタフスベリ編もお楽しみに!





コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitterボタン



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode