ARABIA Kartano/カルタノを掲載です。

Katrilli/カトリッリに続いて、
エステリ・トムラつながりでKartano/カルタノをアップしました。
アラビア Kartano/カルタノ
 
ファエンツァなどにも使われたベーシックなEHモデルに、
小さな黒いドットと細いライン、そしてフチの薄い茶色の線だけで表現したとてもシンプルなデザイン。

「kartano」とは、貴族の荘園・領地のこと。
想像できないような巨大な敷地にとてつもなく大きな建物がそびえていて、玄関だけで何十畳もあるという世界です。
英語で「マナーハウス」というもので、こんな感じの大邸宅。
マナーハウス(フリー素材より)

Kartanoのデザインと荘園がつながらず、どういう意味を込めたかいまいちピンと来ないのですが、
エステリ・トムラのことですからきっと花か木の実をデフォルメしたものでしょう。

華やかで写実的な草花を、鮮やかな彩色で描くことを得意としたエステリの作品としては、かなり際立った異質とも言えるもの。「引き算」したシンプルなデザインへのチャレンジだったのかもしれません。


プレートを見ているとちょっとした違いに気が付きました。
arabia kartanoのプレート17cmを比較。

4枚入荷した17cmプレートのうち、右のプレートだけ両端のドットが無いんです。

「もしや、これはハンドペイントで描き忘れたのでは??」
と思って、じーっくり観察。
アラビア Kartano/カルタノ プレート17cmを比較。
うーむ、それぞれのドットの形はちょっとずつ違うのですが、
違うプレートの同じ場所を比べると形やドットの配置がほぼ同じ。

・・・目が痛くなってきました。
カップなども比べて、これはプリントものと断定です。


いろいろ観察していると、
両端のドットがないものだけバックスタンプが違うことに気づきました。
アラビア・カルタノのバックスタンプ
左が両端にドットありのKartano、1975-1981年に使われたアラビアのロゴ。
右が両端のドット無しで、1971-1975年のロゴです。
(Kartanoの製造年は1973-1976)

手元に17cmプレートが4枚しかないためハッキリとはわかりませんが、
途中でデザインを変更してドットを追加したのでは、と思われます。

ちなみに1971-1975のロゴのプレート20cm4枚は、
全て両端のドット4つがあったのでますます謎ですが・・・
ARABIA Kartano/カルタノ プレート20cm
もしかすると、両端のドット無しは単なるミスかもしれません。


ぐるぐるとプレートを回していると、なんだか懐かしい模様だなと思ってきました。
それは和の雰囲気もあるような気がしたから。絣(かすり)に使われるような模様に見えますね。
おばあちゃん家にありそうな、昭和の香りもします。
レトロなかわいらしさが、現代のシンプルなくらし・インテリアにぴたりとはまりそうです。


掲載したプレートは17cm・20cmが各4点、24cmが2点。

カップ&ソーサーもあります。
ARABIA/アラビア Kartano/カルタノ デミタスカップ&ソーサー 001 ARABIA/アラビア Kartano/カルタノ コーヒーカップ&ソーサー 001
左がデミタス、右がコーヒー(2点)。大きめのティーカップも掲載しています。
一番使用頻度が少なさそうなデミタスですが、
小さくかわいらしく、バランスの良い好きなフォルムです。


一覧はこちらからどうぞ。⇒ ARABIA Kartano


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitterボタン



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode