2014年5月北欧買付日記-スウェーデン4日目

1_IMG_0674.jpg

スウェーデン4日目の朝。ここまで順調に来ています。

日の出が4時頃なので、2日目同様4:30に一旦目が覚めてしまいました。
もう1度寝て、7:30に起床。

味気ない朝食も、3回目になるともう何も思えません。
インテリアは良かったんだけどなあ。

支度をして9時過ぎに出発です。
いつもは部屋の洗面所で服を手洗いするところ、共同洗面所しかないので、
乾きにくいシャツ類をクリーニング屋さんに出しに行きます。
昨日ホテルのフロントで聞いてみたら、近くにあって朝出せば夕方受け取れると教えてもらえました。
1_IMG_0677.jpg

ということで3枚出しに行ったのですが、店番の中東系の男性は英語が全くしゃべれず押し問答状態。
待っていたスウェーデン人の青年がとても爽やかに助けてくれたのですが、
店員さんは何度も舌打ちしながらとっても面倒くさそうでした...

で、いざ預けようとすると何と3日かかるとのこと。
な、なんじゃと!そんな特殊なシャツじゃないのに。。

3日後はフィンランドに出発するから受け取れないかもしれないし、そもそもその間服が着れないし...
雨も降りだして、今日はツイてないスタートです。

諦めてシャツをバッグに戻してメトロの駅へ。
郊外にある、常設の蚤の市的なところに向かいます。
同じ路線でいくつか目当ての場所があるので、まずは一番遠いここから。
1_IMG_0680.jpg
駅の改札を出てすぐの所にあって便利。
ここも中東・アフリカ系の人たちが常時店を構えていますが、英語は十分通じます。

何を売っているんだかよくわからないお店もあったりしますが・・・
1_IMG_0681.jpg

前回に比べて良いものが手に入りました。
1_IMG_0735.jpg 1_IMG_0731.jpg
ううむ、またしてもフィンランドものが多いです。

1_IMG_0728.jpg 1_IMG_0687.jpg 
やっぱり・・・

でも、フィンランドで手に入るとも限らないですしね。

1_IMG_0733.jpg
今回は催事販売用にピンバッジも購入です。
なんでこんなかわいらしいデザインが生まれるんでしょうかね。
(ちなみに真ん中のクマがかわいくて、オリンピックのマークがあったのでヘルシンキオリンピックのキャラクターだっけ?と思って買ったら、調べてみるとモスクワオリンピックの「こぐまのミーシャ」でした...)


収穫バッチリで荷物も大量、さらにメトロで数駅のLoppisへ。
ここも駅の改札前なので、ダメでもすぐメトロに乗れるということで。

ですが、残念ながら別のお店に変わってしまっていました。

さらに数駅ストックホルム中心部に戻れば本命のお店もあるのですが、
背負ったリュックと肩に掛けたIKEAバッグが重すぎたので一旦ホテルへ。
タイムロスですが、このまま次のお店に行ってもまた大量に買い付けるに決まっているので、
身動きが取れなくなること間違いなしです。

ホテル最寄りの駅を出るとかなり強い雨になっていましたが、ちょうどバスが目の前に到着!

400メートルほどですが、20kg以上持っているのでラッキーでした。

部屋で荷物を降ろして、防水用のウィンドブレーカーを上下着たらすぐに出発です。
1_IMG_0688.jpg
さらに雨の勢いは増して、靴もすでにずぶ濡れ。
ああ...部屋に戻りたい...という気持ちをこらえて駅へ。
1_IMG_0689.jpg

途中、素敵なお花屋さんを見て気を紛らわせながら
1_IMG_0690.jpg

メトロに乗ってガムラスタンまで行きます。
1_IMG_0692.jpg
雨はもうほとんど止んでいました。

1_IMG_0693.jpg
何度来ても、改めて素敵に思うガムラスタン。
細い路地と時計台が美しいですね〜。

まずは前回も来たアンティークショップへ。
1_IMG_0694.jpg
扉が閉まっていて中も暗く、CLOSEでした。無念。

お次のお店は。
1_IMG_0696.jpg
営業中でした♪

おじいさま達が3人ほど奥で談笑しながら営業している、
ほのぼのとしたお店です。

びっくりしたのはこれ。
1_IMG_0697.jpg
中央にある透明のグラスが4つあって、その上のガラス板を支えて棚を作っているのです。

その他も結構不安定なディスプレイもあったり、動き回るのに結構神経を使いますが、
良い意味でのこういういい加減さがお店の空気を心地よくさせているのかも。

リラックスして商品が選べます。

結局ここでもルスカをゲットですが、探していたロールストランドのKarinが買い付けられて満足です。
1_IMG_0730.jpg

次のショップに行く前に、ノーベル博物館の広場へ。
1_IMG_0699.jpg
建物の色がいいですねぇ。

こちらは古めかしい噴水。
1_IMG_0700.jpg
けっこうな歴史がありそうで...ん?
1_IMG_0701.jpg
こ、こわい...

さて、ここを通り過ぎるとアンティークショップが。
1_IMG_0704.jpg
「ANTIK」という旗がおしゃれ...ん??


これまた怖い。

入口が階段になっていてお店は地下です。

ちょっと雰囲気が違うかな。。

こんなジオラマ的な人形もあったり。
1_IMG_0711.jpg
ミニチュア好きとしては、これはこれでハマりそう。

一応奥の方まで見たら、スピサリブのティーカップ&ソーサーがあったのでゲッツ。
1_IMG_0710.jpg 1_IMG_0709.jpg
梱包を待つ間、とびきり人なつっこい犬と戯れました。お腹を撫でて〜と甘えてきます。


出てすぐ近くには知らなかったショップを発見です。
1_IMG_0705.jpg 
店主の方は日焼け(といっても真っ赤な焼け方)をしていて、3週間前までタイの別荘に行っていたそう。
スウェーデン人にはタイは人気なんですって。
9月にもまた行く予定で、年間で5〜6か月をタイ北部で過ごすという超うらやましい生活。。
ここに来た時に開いているかどうかは運ですな。

1_IMG_0729.jpg
ここでは、高額でこれまで手を出せていなかったブルーアスターをついにゲッツです!

さらにその並びにもショップが。
1_IMG_0708.jpg
残念ながら、事前アポイント制のためCLOSEでした。

お次はセカンドハンドへ。

慈善事業も行っているせいか、比較的お手頃な値段です。
1_IMG_0734.jpg
ということで、デンマークものやちょっと珍しいものをゲッツ。

さてさて、たんまり買付ができたので今日はここまで。
面白いディスプレイにも出会えるガムラスタンは歩きがいがあります。
1_IMG_0718.jpg 1_IMG_0717.jpg
マネキンに変なお面かぶせてますし。



1_IMG_0718_1.jpg 1_IMG_0717_1.jpg
いやいや、怖すぎますって。しかも脳みそみたいなのもかぶっているし...

1_IMG_0719.jpg
さっきの噴水的な。


目があちらの世界を向いていますけど...

1_IMG_0706.jpg
釣り具店のディスプレイは、購買意欲が湧く感じでナイスアイディア!

1_IMG_0715.jpg
何屋さんか不明ですが、かわいいバイキング船(?)がツボです。


ガムラスタンのお店は早い時間に閉まるイメージなので、
お昼を抜いてここまで突っ走ってきちゃいました。

ので、ホテル近くまで戻ってマックへ行きます。
昼間からホテルのwi-fiの調子がおかしくて使えなかったので、
wi-fiが必ずあるマックでいろいろチェック。

思いがけずオシャレな席でした。(もちろん本物のスワンチェアではなく、模倣品でございます)
1_IMG_0722.jpg

マックラップは思ったよりおいしかったです。
1_IMG_0723.jpg
これで約1200円。

コーヒーも意外と良い味で、ゆっくりできました。

ホテルへ戻るとまだwi-fiが使えず、フロントで尋ねると故障中とのこと。
明日復旧するかもはっきりしないですと...?
あーあ、もうこれ以上最悪なホテルはないですよ。


濡れた服を着替えて、朝クリーニングに出せなかった服を今のうちに洗ったら、
昨日まとめておいた段ボールをとりあえず1箱出荷に行きます。
1_IMG_0725.jpg

たっぷり入れられたぞ!と満足げにICAに持って行くと...


「24kgなので受け付けられません」


ヒェー!!そんな...
フィンランドが30kgまでOKなので、その感覚でやっていたら、
スウェーデンは20kgまででした。。
今までたまたま20kg超えていなかっただけで。

苦労して引きずっていった24kgを、丘の上まで運ばなければ。

晩御飯を買ってから、もと来た道を戻ります。
う〜。

部屋に戻ったら、気を取り直して今日買い付けた食器を梱包。
明日以降は遠出するので、今日のうちにやらねばということで、雨で疲れた体にムチ打ちます。

21:30から初めて、気が付けばもう午前2時過ぎ。

ほとんどやりきりました。


いやー、今日は頑張った頑張った。

こんな時間ですが、ごはん食べないと一日が終わった気がしないのでプシュッといきます。
1_IMG_0738.jpg

今日の買付分でだいぶメドも立ってきたので、調子に乗ってワインまで。
1_IMG_0739.jpg
システムボラーゲで仕込んでおいた、ハーフボトルです。
プラスチックのワイングラスはclas ohlsonにて。

3時を過ぎて窓を見ると...ヒェー!

もう空が少し明るくなってきています。

幸い、アドレナリンのせいか良い緊張感のせいか、
それほど疲れは溜まっていないので明日も大丈夫でしょう。


明日はグスタフスベリの町に向かいます!


 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitterボタン



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
2425262728  
<< February 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode