2014年5月北欧買付日記-フィンランド6日目


今日の午前中は、数日前にお会いしたウタノさんのオフィスにお邪魔させていただきました。

買付サポートなど何かお願いしていたのではないので、本当に邪魔しにいっただけなんですが(笑
しっかりと素敵なおもてなしをしていただいてしまいました。
 
コーヒーを入れてくれたマグは...

今やとんでもない価格になってしまったストックマン150周年の限定ムーミンマグではないですか...

チェイサーには、貴重なパープルファウナ。ひえー。

ヴィンテージを販売している身でなんですが、
おっかなびっくり緊張しながらいただきます。

ううむ、贅沢。

近所でわざわざ買ってきていただいた、「プッラ」というパンもとてもおいしい。

クリームチーズとヨーグルトの相の子みたいな白いものが乗っかっています。カルダモンの香りもグー。

オフィスは通りに面した入口から階段を少し降りた半地下のスペース。
大きな窓ガラスから光が差し込み、きれいな白い壁でとても落ち着く空間でした。
IMG_1218.JPG
(棚のコレクションが素晴らしい...)

2004年にタンペレの大学に留学した後フィンランドの大学院に進み、
現地で仕事をしながら日本人の旅行客などのお手伝いをしているうちに気が付いたら開業していたとのこと。

雑誌などの依頼も多いけれどどこからともなく舞い込んでくると...
謙遜していらっしゃいますが、実績や人柄があってこそだと思います。

異国の地で長年働くこと、しかも独立して仕事をすることの大変さをみじんも感じさせない、ふんわりとリラックスした雰囲気がにじみでるウタノさん。それがこの落ち着いた空間いっぱいに広がって、一体感が生まれています。

他愛もない世間話ばかりしてしまいましたが、とても心地よい時間。

(この人に頼みたい、この人なら信頼できる)
きっと皆さんにそう感じられているんだと思いました。

「フィンランドのことが当たり前になりすぎて、フィンランドに来たお客様が何がわからないのか、ということがわからなくなっているかもしれない」と危機感を抱いているウタノさん。

あえてストックホルムなど知らない土地に行かれることもあるそうです。

そんなお気持ちが、彼女のブログ内で(菓子パン)のゆとり。」という記事に綴られています。
(私のことも触れていただき...恐縮でございます。)


素敵なアパートメントステイの手配や買付サポートなど今後お世話になりそうな内容を確認させてもらって、またお会いしましょうということでお別れ。
いやー楽しかったです。



さてさてホテルに戻ったら、北の方の郵便局に2箱出荷に行きます。

外は雨が降り出していました。

元々の予定は一日観光でも良いかなと思っていたくらいなので、出荷の後は必須にしていなかったショップめぐり。
IMG_1220.JPG
珍しいアラビアのフラワーベースが手に入って、
ホテルへ戻ってさらに2箱をハカニエミの郵便局で出荷します。

その後も近隣で数店舗回り、マリメッコのprimaveraの生地のみゲットしてホテルへ。

もう1箱分梱包しても良かったのですが、残りはスーツケースに入りそうなのと、
スペースがあるとつい買い付けて予算をオーバーしそうなのでこの辺で自主規制。

荷物や梱包材を整理して時間に余裕があったので、いつもと違うスーパーへ。
IMG_1240.JPG
ハカニエミのS-MARKETです。

IMG_1243.JPG
女性の拳くらいありそうな巨大マッシュルームに惹かれるも調理ができないので、

IMG_1247.JPG
缶詰で我慢(笑

IMG_1246.JPG
後はラザニアとムイック(ワカサギのような小魚)のフライをチンして早めの晩ごはん。
どっちも当たりでした。


明日の朝はタンペレに向かうので、久々に24時前に就寝。

地方都市は初めてなので楽しみです!
それではオヤスミナサーイ。



 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitterボタン



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode