2015年4-5月北欧買付日記2日目〜大満足のストックホルム買付初日。



スウェーデン2日目の朝は6:30に起床。
今日は、今回の買付の一番のお目当て、2年前にも行ったヴィンテージマーケットへ!

お客様へのメールの返信や、調べものを済ませてから、
3年前とほぼ同じ質素な朝食を食べて・・・(これが5日続きます)

地下鉄に乗ってマーケットの会場へ。

途中、T-centralen(テー・セントラーレン)駅で地下鉄を乗り継ぐ。

冒頭の写真もそうで、くり抜いた岩にアートが描かれている駅が多く見られます。
地下鉄の暗さを感じさせない、デザイン都市ストックホルムならではの光景。


マーケットの最寄り駅も、独特のカラーリングで。
(ちょっと目がチカチカ)



少し歩いて会場に到着しました。
並びの列は少なめでしたが、


今回も会場は賑わっています!


いいものから無くなっていくはずなので、
まずは軽く一通り見ながら、逃せないアイテムはしっかり買って、
その後もうひとまわりして、という作戦でございます。

早速目に飛び込んできたのは、超レアなグスタフスベリ・Tahiti/タヒチのカップ&ソーサー。
GUSTAVSBERG/グスタフスベリ Tahiti/タヒチ コーヒーカップ&ソーサー
見かけてもまず買えないというか日本での価格が高すぎてしまうので、
まあ無理だろうと思いきや、お手頃価格。

その分ちょっと色あせはありましたが、
今まで見て見ぬふりをしてきたところ、よく観察するととても美しい絵柄。

一見派手なだけと思いがちですが、ほれぼれしてしまいそうな不思議な魅力があります。

いつかは買い付けたかったので、迷わず2客をゲットしました。
幸先のよいスタートです。

その後も、Bersa/ベルサはジャグも含めて多数、
良い状態のValencia/ヴァレンシアのティーポット、
Pynta/ピンタなど、良いものにたくさん巡りあえて脈拍は上がりっぱなし。

気づけば写真をほとんど撮れずじまいでした・・・

あ、落ち着いてきたころにこれは撮りました。

レトロ感たっぷりの、おそらく1960-70’sの缶など。
個人的にすごく惹かれたんですが、結構お高いので眺めていたら、
もう1周して来ると一気に無くなっていて写真の量くらいに。

出店数は100近くだったでしょうか、
蚤の市とアンティークショップの中間のような雰囲気で、
不要品を出す人とプロのディーラーさんが混じっている状態。

掘り出し物が多かったり、もう1周すると別の物が出てきていたり。

アドレナリンが一番出てしまうスタイルで、
多分7〜8周はしたかと思います。


その成果はこの通りです!

Mari Simmulsonの素敵な花瓶やお皿(写真右下)も嬉しい。

しかし気が付くと3時間半も経過してしまい、時間かけ過ぎです...
身動きも取れないほどの重さですが、楽しかったので良しとしましょう!

もう14時近くで、午後も買付の予定だったので、
足早にホテルへ戻って買付品を置いたら、
すぐにガムラスタン(旧市街)へ。


1発目のマーケットは2時間ほどを予定していたので、
腹ぺこを我慢しながら次のお店を目指します。
土曜日は特にお店が早く閉まりがちなので、
昼食を食べれないことがあるのがつらいところですが、
食事と買付を天秤にかけると、やっぱり食べていられません...



その甲斐あってか、去年2回トライしていずれも休業日だったお店が開いていました!


初めて見たアラビア・Tytti/テュッティのブルーがあったり、



フィンランドでもめったに出会えないFaenza/ファエンツァのエッグカップがあったり...
(しかしながら高すぎて買えず)


それでも、Pynta/ピンタやJuliana/ジュリアナといった貴重なものも手に入れられました。

まだこの量なので、夕方になる前に粘ります。
去年もお世話になった近くのアンティークショップへ。

ベルサをたくさん買い付けられて、両手いっぱいの荷物になったところで本日の買付はこれまで。


かなり重たいのですが、この重さ=充実感アンド安心感。
良いものが全然見つからなかったらどうしよう、という出発前の不安を吹き飛ばしてくれます。

ストックホルムで見た桜
ホテルへ戻る道すがら、満開の桜で少し疲れもやわらぎました。

ホテルに戻ったらすぐスーパーへ向けて出発。
いきなり増えてしまった買付品のわりにまだバナナ箱が1つもないので、
調達しに行くのです。

その前にようやく腹ごしらえです。

ちっちゃなホットドックですが(笑
いっぱい乗せてくれたオニオンチップがおいしい。
デンマーク風だそう。


スーパーの野菜売り場に行って、店員さんを探しながらも探検中。

箱ごと補充できる、玉ねぎ専用の什器があって効率的だなあと思ったり、


ちょっと形が違うけどネギ、


大根も売っていて意外と充実しています。
(ストックホルムで一番大きなスーパーなので)

うらやましかったのはこちら。
ストックホルムのスーパーでは、ハーブポットが充実
ポットに入ったハーブ各種が、300円弱で売っています。
バジル、イタリアンパセリはもちろん、
セージ、タイムなど10種類以上はありました。

もう1つうらやましいもの。
 
Knorr(クノール)のコンソメのパッケージがかわいすぎる!!


こういう生活感の出ないパッケージ、うらやまし...
日本でも似たようなイラストは使われているんですが。



しかし、店員さんを全然見かけない。

夜ごはんを探しながらしばらくうろうろして、
ようやく出てきた青果担当の人にバナナ箱があるか聞いたら、「もう捨てちゃったよ」と言われてしまいました。

えー!

「いつだったらあるの?」と聞くと、「お昼過ぎまでかな」とのこと。

そうか、朝入荷して品出ししたら午後には捨てちゃうのね。

というか、去年もっと早く聞いておこうよ。(自分へ)

学生の頃の海外旅行ではもっと色々聞いて回ってた記憶があるけれど、
ネットやスマホで何でも調べるクセが付いてしまったからか、
人に訊くのを恥ずかしがってしまうからなのか、
どっちにしろよくない。

生きた情報を得られるようにもっと積極的に話しかけなければ。
と思わされました。


今日買い付けたうつわ達の梱包を3時間ほど頑張ったら、
ようやく夜ごはん。

ジャーン!今日は鶏まるごと一羽です。

これで800円くらいなのでつい買ってしまいました(笑
温めてあったし。
スウェーデンは鶏肉が結構割安です。

それとサラダデリには、昨日ハマった生のブロッコリーも。

明日も朝早くから蚤の市なので、
タンパク質たくさんとって、疲労回復です!







 

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitterボタン



calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
31      
<< March 2019 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode