2016年5月北欧買付日記12日目〜今日も嬉しいずっしり感。

1_IMG_7997.jpg

さてさて、今日は日曜日。

8時からやっている蚤の市に出かけます。

前々から雨の予報で心配だったけど、曇りのまま持ちそう。

8時ちょうどに行くと早すぎるから、8:30ころ到着すると案の定まだ陳列中のお店ばかり。

 

いつもの出店者さん、顔を覚えていてくれて嬉しい。

1_IMG_7993.jpg 1_IMG_7994.jpg

欲しいのはあるんだけど、状態が悪くて今回は今ひとつ。

以前買ったものを日本で見たら傷がひどかったりして。。

特に晴れているとよく見えません。

 

それでもこんな具合に買い付けて、

1_IMG_8056.jpg

まずまずの成果。

 

「別の日本人は毎回発送を頼んでいるよー」と言われましたが、

信用していないというよりは、もし破損していても責められないし補償もされないかもしれないし・・・

何よりヘコみますので、やっぱりホテルに持ち帰って梱包することにします。

 

 

もう1店、強気なおばちゃんのところへ。

 

アンティークショップと同じような価格で尻込みしますが、なかなか出会えないこちらを。

1_IMG_8057.jpg

 

一旦ホテルへ戻って11:30、すぐにサッサッと歩いてスルッセンのバスターミナルへ。

 

グスタフスベリに行くのですが、

あ、そういえば何番のバスか確認するの忘れてた。

でもこの番号と行先で合っていたような気が・・・

1_IMG_8004.jpg

運転手さんに確かめて正解でした。

やっぱり色々慣れてきた。

 

グスタフスベリの街に着くと晴れてきました。

1_IMG_8010.jpg

どういうわけか、毎年ここに来ると天気が良くなるんですよね。

ストックホルムからバスで30分くらいですが、地形や海の関係で晴れやすいのでしょうか。

 

1_IMG_8008.jpg

脇には各部屋のポストが無造作に、しかし良い感じに並んでいます。

 

 

早速、いつもお世話になっているショップへ。

1_IMG_8013.jpg

年々少しずつ値上がりしている気がしますがやはり品揃え豊富で、

 

非売品ながらリンドベリのイラストがあるのがすごい。

1_IMG_8014.jpg

 

とあるバターケースが気になって、フタを留めていたセロテープをはがして中を見ていたら、

オーナーのご主人が飛んできてキツく注意されてしょげる。。

 

去年1度会っただけだしそりゃ覚えていないよね。(2015年4-5月北欧買付日記3日目)

 

それに観光地で人が大勢来ることもあるし破損は怖いよね。

 

その時もスウェーデン人の年配のグループが入店していて、

杖をついたおばあちゃんがカップを床に落としていたし。

 

 

めげずに、ご主人の手が空いたすきに話しかけて、去年教えてくれたロールストランドの分厚い資料集がおかげさまで見つかった(2015年4-5月北欧買付日記5日目)お礼を言って、思い出してくれました。

 

でも今回はあんまり買えるものが無いかも・・・と思っていたら、

買えないほどではないLinnea/リネアのカップ&ソーサーを発見!

 

さらにPynta/ピンタまで発見。

1_IMG_8015.jpg

こ、これは高いけどきれいそうだ。

 

ですが、出してもらってよく見ると、カップフチにまあまあ大きめの欠けが。。

無念であります。

 

結局あまり数は多くないですが、粒揃いのこちらを買付。

1_IMG_8061.jpg

 

そしてもう1店舗。

1_IMG_8017.jpg

ベルサ祭りです!うほほ。

 

1_IMG_8019.jpg

品揃え充実。でもたくさんあると逆に吟味しすぎて、納得いく状態のものがなかなか出てきません。

最近状態に神経質になってきてしまったのもあって。

 

ふと振り返ると、

 

1_IMG_8018.jpg

わっ!!ここにもリネアが!

しかもかなり良い状態がたくさん・・・

 

ずっしりのプレート類をまとめて買ってこんな具合でした。

1_IMG_8062.jpg

 

 

さて、グスタフスベリに来た目的はもう1つ。

今年(2016年)生誕100周年を迎えたStig Lindberg/スティグ・リンドベリの特別展が開かれているからです!

1_IMG_8021.jpg

昨日からスタートし、日本でも秋に開かれる情報は得ていましたが、やはり現地でもまず行っておこうかと。

 

ただし、買付に時間がかかってしまい16時の閉館まであと45分しかありません。

 

しかも入場料を払おうとしたレジが混雑、というか1組のお客さんがギフトラッピングの相談をレジでずっとやっていて、10分くらい待ってしまいます。

店員さん2人いて、レジがもう1つあるんだけどなあ。。。2人ともそっちにつきっきり。

日本式の気遣いはあまり期待してはいけませんね。

 

買付品を抱えながら、5年前に訪れた以来の2階の展示室へ!

1_IMG_8024.jpg 1_IMG_8026.jpg

うーむ、ファイアンスはやっぱり素晴らしいですねえ。

 

が、他のデザイナーものもあって何かおかしいなと思ったら常設展でした(汗

 

実際の特別展はさっきの1階のレジ横にある部屋でございまして・・・

残り30分しかありません。

 

急ぎつつも、割とこじんまりだったのでじっくり観れそう。

リンドベリを象徴する写真とイラストがお出迎え。

 

もちろんカップ&ソーサーの名作が並び・・・

 

1_IMG_8033.jpg

やっぱりKarnevalは素敵で、昨日買わなかったことを後悔しだし・・・

 

1_IMG_8035.jpg

それぞれが個性的なイラストからは、リンドベリの多才さを思い知り。

 

1_IMG_8041.jpg

それにパブリックアート(公共芸術)まで。

 

1_IMG_8047.jpg 

トランプの実物とその右のピンタとベルサが混ざったようなイラストも観れて感激!

そっちに目を奪われて、下に敷かれているのが西武百貨店の包装紙と知るのはこの画像を用意している時でした(笑

より感動できたのに、もったいなかったです。

 

結果的に展示品の半分くらいは、2016年10月に池袋西武で開かれたスティグ・リンドベリ展と同じでしたが、

その時に見られなかったものも現地ではあったので行った甲斐がありました。

(池袋西武の方は、こちらで詳しく。→ スティグ・リンドベリ展に行ってきました。

 

何かグッズも買おうと思って15:50に退出して、さっきのレジ前のコーナーへ。

記念の雑誌とかないかなあと探してみるもあまり変わったものが無く、聞いてみると特別なアイテムは何もないのでした。

あったら絶対買ったのになあ。

 

ボロース社から現行品として発売されているベルサ柄の壁紙も気になりましたが、しょせん賃貸住まいなものでして・・・

オレンジや黄色も面白いですね。

 

 

さーて、気合でずっしり荷物を持ち帰りますよ。

 

ホテルに着く前にセブンイレブンのシナモンロールで腹ごしらえ。

1_IMG_8053.jpg

アーランダ空港のセブンで買ったものはいまいちだったけど、ここのはだいぶオイシイ!

コンビニなのにそういうのってあるんですね。たぶん納品業者が違うのかと。

 

 

ホテルの目の前の標識が面白かったので、ついパチリ。

1_IMG_8054.jpg

 

奥の方にはサッカースタイル。どうやらシールを貼ったみたいです。

1_IMG_8055.jpg

 

荷物重いからやめておけばいいのに、昔からこういうのに弱いんですよね(笑

本当はいけないことなんでしょうが、スウェーデンのこういうイタズラって好きです。

 

 

18時から梱包を始めて、20:30に1箱出荷兼晩ごはん調達。

 

その後さらに3時間梱包して、疲れましたー。

 

遅くなるのを見越して、胃に優しいサラダがメインです。

1_IMG_8066.jpg

 

生ブロッコリーは買付中の永遠の定番(すでに殿堂入り)ですが、その他この3種類にハマっています。

1_IMG_8066_1.jpg

左からレンズ豆、クスクス、そしてケール(いわゆる青汁)。

ケールは興味本位で食べたら苦味が意外になくて美味しい!

 

ケールだけパックされたのも売っているくらい、スウェーデンではベーシックです。

 

 

買付は2日間で充実した内容だったので、少し安心しながら眠りにつきました。

 

あー、昨日見たKarnevalの陶板、やっぱり買おうかな。どうしようかな・・・zzz

 

 

 

 

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitterボタン



calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
293031    
<< July 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode