2016年5月北欧買付日記13日目〜単に古いから良いというわけじゃない。

1_IMG_8067.jpg

ストックホルム3日目です。

2日間ハードだったので朝はゆっくりめ。

外に出るとスウェーデンカラーのゴミ収集車に目を奪われます。

今回はフィンランドでもグッドデザインのゴミ収集車を見ましたが、こちらもイイ!

 

1_IMG_8070.jpg

今日は快晴で気持ちが良いです。

 

まずは近所のセカンドハンドを2軒周るも何もなし、地下鉄でOdenplan駅へ。

1_IMG_8077.jpg

紙幣の切り替えの告知がここでもありまして、

 

1_IMG_8080.jpg

地上へ出ると駅舎がきれいになっていました。

 

1_IMG_8078.jpg

工事の写真が展示してあって、

 

1_画像 747.jpg

以前は確かに工事中だったなあと時の流れを感じる。(4年前の写真)

 

1_IMG_8087.jpg

まずはアンティークショップへ。

 

ここはカップ&ソーサーを4段重ね×前後2列で陳列するのがデフォルトで、手に取るのが恐ろしい。

じっくり見る気も無くしてしまい、ちょっと傷多めのエデンのお皿だけゲットします。

1_IMG_8124.jpg

 

1つ気になったのが、とあるカップ&ソーサー。

1_IMG_8089.jpg

Adam/アダムのプロトタイプのような・・・?

 

でも確証が無いし、単なるオマージュものかもしれないのでスルー。

ひょっとしたらレアものだったりして。

 

 

1_IMG_8090.jpg

そしてすぐ隣の有名店へ。

 

何となくものが減った感があって、今後がちょっと心配。(といってもお値段ベラボーに高いですが)

 

ここではベルサを1点だけ。

1_IMG_8125.jpg

 

それから古本屋に行ってみて、

1_IMG_8091.jpg

 

意外と資料本が手に入ります。

1_IMG_8132.jpg

 

 

 

それからBengt & Lotta(ベングト&ロッタ)のお店を通りかかって、

1_IMG_8084.jpg

日本でもラインナップ豊富だし、と思ってこれまで何度か前を素通りしていたけど、今回はおみやげを買おうかなと思い入ってみます。

 

1_IMG_8085.jpg

靴下はおみやげに良いかも。

と思ってたらすぐに女性が声を掛けてくれて、ちょうど良いサイズの在庫を探してもらいました。

 

色々お話していると、なんと彼女はデザイナーのLottaさん本人だとわかりビックリ!!

事務所兼店舗だったのね。

元々好きなデザインが多いので嬉しかったです。

 

高校生の息子さんがいて東京に留学中だけど、(日本で人気の高い)Lottaさんの仕事を手伝う気はさらさらないのよ〜だとか(笑、

以前日本人の男性が15時に空港について16時にここに来て、翌日帰るなんてことがあったけど日本人は休暇を取るのは大変なのね、とか、

だんな様がセカンドハンド好きで「もう買ってこないで!」と言っても買ってきてしまう、とか(爆笑、そしてだんな様の気持ちがわかる

 

楽しいおしゃべりをさせていただきました。

 

で、そのだんな様御用達のセカンドハンドが近くにあるのよ、と言って、あっという間に地図を書いてくれるのはさすがデザイナー。

オリジナルのカードの裏に、

1_IMG_8138.jpg 1_IMG_8137.jpg

正確に書いてくれました。

 

 

大通りに面しているけど、買付ルート上今まで一度も通ったことがなかったので気づきませんでした。

行ってみると、

1_IMG_8094.jpg

まずファサードでグスタフスベリのDart/ダートを発見。シンプルだけどまじまじと見ると味わいがあって気に入りました。さすがリンドベリデザイン。

 

1_IMG_8095.jpg

それから、長年探していたRuska/ルスカの黄土色タイプが!

フィンランドでルスカを漁って今回も見つからず諦めかけていたのですが・・・

 

ようやく見つかりました!!これもLottaさんが結んでくれた縁です。

 

それと、もう13年も前だからひどい錆びつきようですが、アメリカで英語を勉強させてくれた両親に感謝。。

多少の会話ができたからこそ見つけられたようなものです。

 

 

 

さてと。

15時過ぎに一旦ホテルに戻って、明日休みのショップに今日のうちに。

結局お昼食べていないので、ボロースでA子さんからもらったWasaのウエハースでしのぐ。

1_IMG_8101.jpg

少し満たされるので、こういう時に助かります(^^

 

ちょっと写真がわかりづらいけど、

1_IMG_8103.jpg

初めての買付からお世話になっている、レコードショップ兼ヴィンテージショップ。

 

ここではこんな具合に。

ARABIAの水色のカップ&ソーサー(Maija/マイヤ)の単色のいさぎよさと発色の美しさが気に入りました。

(後日イベントで早速巣立ちました)

 

 

それからそれから。

すぐ近くのショップへ行くかちょっと郊外に行くか迷って、

どっちかしか行けないから遠いところからつぶしていこうということで地下鉄で30分ほどのショップへ。

 

 

ところがここが定休日・・・

1_IMG_8106.jpg

自作のExcelリストでは営業日だったのですが、使い回しで編集しているうちに曜日がずれてしまった模様。。

やっぱり精査が必要ですな。

 

帰りがけに地下鉄で途中下車してショッピングセンター内のショップへ。

1_IMG_8109.jpg

スウェーデンに来て6つ目のルスカオーブン皿をゲットし、

 

だいぶ迷ったのがこちら。

1_IMG_8108.jpg

 

絶対にこの形はベルサのクリーマーと同じなんですよ。

バックスタンプもグスタフスベリだし。

 

面白さ半分、販売が難しいかもという気持ち半分、結局買わずじまい。

今思えば、ネタとしてだけでも買えばよかったなと。

 

 

地下鉄の乗換駅(スルッセン)でもう1店舗。

1_IMG_8114.jpg

昨日のリネアラッシュに続いて、今日もお出まし!

しかもまだ持っていないスクエアプレート!

 

状態はあんまり良くないけれど買っておきました。

 

 

駅に戻ると、スルッセン周辺は工事中。

1_IMG_8123.jpg

ガムラスタンまでの道がきれいになるようです。

 

その脇にあった昔のストックホルムの風景パネルがたまらなくて、

1_IMG_8119.jpg

こちらは1967年のスルッセン。

 

ヨーテボリと似たようなカラーのトラム、この頃は現役だったんですよね。

(その後1970年代に全廃、近年郊外などで少しずつ復活中)

 

それに左手のバスがもう、

最高です♡

 

あー、この頃にタイムスリップしたい。。

というかこの頃に生きていたらなあ。

北欧食器の名作たちをリアルタイムで楽しめたのになあ。

 

 

1_IMG_8120.jpg

中央駅近くのセルゲル広場が工事中の写真(1963)もあり、

 

1_IMG_8121.jpg

1980年のストックホルムの公衆電話もすごーく良い。

 

そして、左の自転車?がとっても気になる(笑

1_IMG_8121_1.jpg

これも妙に惹かれるものがあります。

 

たぶん、というか半分以上は、pippuriをやっているのはノスタルジー(懐古主義)の一種なんだろうなと思います。

といっても単に古いから良いというわけではなくて、1990年代のプロダクトが、今から20年30年経って好きなものになるかというと違って、

やっぱり1960-70年代のモノ自体に強く惹かれるんですよね。なにかたくましさを感じたり、率直なデザインだったり。

 

 

さて、ちょっとした感傷に浸ってからホテルに戻って19時から梱包スタート。

 

20:30に1箱出荷して、23時まで梱包。

5箱出来上がりましたのでこれからご飯です。

1_IMG_8139.jpg

こっちへ来るとやっぱりニシンが食べたくなり、冷蔵庫が無いのでなかなか買えませんが今日は小さいパックを見つけました。

1_IMG_8140.jpg

見た目良くないけど(笑

食べきりサイズなのがイイ。

 

 

明日でストックホルム買付も最後です。

 

 


コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitterボタン



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode