2012年3月北欧買付日記-フィンランド買付4日目編-

 pippuriのブログをご覧のみなさま、こんにちは。

急に猛暑になって、外は35℃に達していてうだるような暑さですね。

そんな時は北欧買付日記で涼んでください!

涼しげというより寒そうな写真をご用意してお待ちしております。
例)
1_IMG_510.jpg

ちなみにフィンランドは今年23年ぶりの大寒波らしく、最高気温が20℃前後くらいだそう。

うらやましくもありますが、夏を楽しみにしていたフィンランドの人たちは残念がってるかもしれませんね。


さて、今回は買付4日目編。 

いつも通り朝食バイキングでたらふく食べて、今日はデザートにまで手を出す始末。

毎日たくさん歩いているので食欲も増しています。

一番のお気に入りは北欧の代名詞、ベリー。
1_IMG_459.jpg

ブルーベリーだけでなく、見たことのないベリーが何種類かミックスされていて、食感の違いを楽しむことができます。

特に小さめのベリーはプチプチ感があってお気に入り。

日本ではなかなか生のベリーを食べることができないので、北欧に来たら味わって欲しいものの1つです。


たっぷり栄養を取ったら早速出発。

まずは郵便局に荷物を出しに行きます。

フィンランドから日本へ荷物を送るのは、国際郵便の航空便のみ。

船便も以前はあったようですが、廃止されてしまっています。

料金は15kgで88ユーロ(約9000円)、それを超えると30kgまで159.2ユーロ(約16000円)と跳ね上がります(2012年7月現在)。

一箱に30kgも入るわけが無いので、15kgぎりぎりに抑えて何箱か送る作戦にしました。

昨夜、勘だけで15kg分詰めた箱を2つ、キャリーカートに載せて郵便局に向かいます。

これが予想通り結構な重労働。

平坦な道は良いのですが、下りの坂道なんかは凍っていて、何回かヒヤリとしながらも何とか到着しました。

入り口の扉の段差で苦労していると、出てきた人がサッと手をドアに添えて押さえてくれました。

日本でもしてくれないわけじゃないけれど、欧米では99%の人がしてくれるこの習慣に、いつも心が温かくなります。


さて、郵便局では伝票を記入する台の横にちゃんと量りが置いてあったので、早速乗せてみると15.6kg。

うわー、オーバーしてしまった(でも結構おしい)。

梱包テープをはがして、食器を出して、また量る。

すると
1_IMG_537.jpg
15.02kg・・・おしい!!

もしかしたら、それくらいおまけしてくれるかもしれませんが、楽しくなってきてしまいました。

もう1点抜いて、ようやく15kg以内に。
1_IMG_529.jpg

いやー、変な人に見えただろうな。


もう1箱も調整して窓口に持って行き、15kgぎりぎりにニヤニヤされつつもすんなり受け付けてもらえました。

郵便局によっては受け付けた後いきなり箱を投げるというウワサも聞きましたが、今回使った中央郵便局では丁寧に扱ってくれましたよ。


さて、今日の買付はまず中央駅からトラムで10分ほどのアンティークマーケットホールへ。

トラムを降りて歩いて向かいま・・・


あー!手袋をトラムに置き忘れてしまった!

買付用にと、プレゼントでもらった大事な手袋。

手袋を取ると指先が痛いくらい寒いので無くなると大変だ・・・

と焦ったのですが、降りた駅は折返し地点のすぐ近くだったので、折り返して来たトラムに飛び乗ると・・・あった!

何とまあ不幸中の幸いです・・・
IMG_3402_1.jpg
(赤い印の駅で落として、青印の駅に戻ってくるトラムで見つけました。)

しかし飛び乗ってすぐ降りたので、不審に思われただろうな。。


で、ホッとしながらアンティークマーケットへ。

室内のホール内に、何件もアンティークショップが連なっています。

珍しいものや定番のものも含めて、アラビアの美術館並みの品揃えで興奮したのですが、いかんせん値段がかなりお高め。

できるだけ安い価格で販売したいので、ここでは買付をあきらめました。


その後は近くのリサイクルショップへ。

ここでもヴィンテージものは見つからず、地下のフロアへ。

洋服メインでしたが掘り出し物を見つけたい意欲でさまよっていると、見覚えのある袋が。
1_IMG_463.jpg

なんと、親の実家近くにあった大和百貨店の紙袋!懐かしすぎます。北陸にしか無い百貨店なので日本でも見かけないのですが、まさかフィンランドで見るとは。きっと北陸出身の方がフィンランドに住んでいらっしゃるんですね。


さらにさまよっていると、事務所のようなフロアに入ってしまい、かなり怪訝そうに(フィンランド語でたぶん)「何かご用?」と話しかけられました。

ここで初めて倉庫だったことに気づきました。

夢中になりすぎるのもいけませんね。かなり怪しかったと思います。


気を取り直して外を歩くと、セカンドハンドのお店が。

ガラクタも多かったですが、アラビアのお皿やイッタラのグラスを見つけることができました。

さらに、近くのロシア人が経営するアンティークショップでもアラビアを買い込み、20kg以上はあったでしょうか、またも途方も無い量になってしまったので一旦ホテルに戻ります。


一息ついて、近隣のリサイクルショップへ。

リサイクルショップはヴィンテージの品揃えは良くないのですが、運が良いと手ごろな値段で見つかるのが宝さがしのようで魅力的。

今日も1店目はハズレでしたが、2店目ではティーポットやガラスものが見つかってまずまずの成果でした。


もう夕方になってしまったので本日の買付はこれにて終了です。

発送用のダンボールと、その中で小分けにするための箱が減ってきているので、スーパーで調達することにしました。

歩いていると
1_IMG_477.jpg
ありました!頑丈で有名なバナナ箱!

それに加えてビールの箱も「くれませんか?」と店員さんにお願いして、「これをどうするの?」と言われながらもらったりしてちょっと恥ずかしかったですが、これで割れやすいガラス類もしっかり梱包できるのでひと安心です。
1_IMG_479.jpg

夜は、またひたすら梱包。

ある程度のメドが立ったところで、ダンボールをもらったスーパーで買っておいたご飯で晩酌です。
1_IMG_481.jpg

今日のお楽しみは、チョリソー。チーズと同じく、北欧ではハム類も安いのでたっぷりいただきまーす。

しかし、今日は怪しまれる行動が多かったなあ・・・

明日は怪しまれないように気をつけよう!


というわけで、4日目もあっという間に終了です。




最後までお読みいただきありがとうございました。

次回もお楽しみに。

コメント
コメントする








   
この記事のトラックバックURL
トラックバック

Twitterボタン



calendar

S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
30      
<< September 2018 >>

selected entries

categories

archives

profile

search this site.

others

mobile

qrcode